就活に有利!参加しよう!インターンシップ|地元での就職活動応援サイト ジモカツ2019


インターンシップ

インターンシップ受入企業は年々増加中ということを知っていましたか? それは地元の企業も同様のことが言えます。参加する意味は?参加するための準備は?基本的な点をお教えします!

 インターンシップの基本的な流れ

1.参加申込

各種サイトや学校の就職課などでインターンシップの開催情報を入手し、業種・職種・内容・開催時期などを踏まえ、参加申し込みをしましょう。

【ポイント!】
申込人数によっては締め切られてしまう場合もありますが、追加日程で開催される場合もあるのでこまめにチェックしましょう。

2.予約完了

無事に予約できたら、その企業についての情報をネットなどで把握しておきましょう。また、当日必要なもの・服装・集合場所などをしっかり確認しておくことも大切です。
それができたら、他の予定と被らないスケジュール管理と、当日に備えた体調管理を万全にしましょう。

【ポイント!】
どうしても都合がつかなくなった場合は、早急に企業担当者へ連絡をいれ、参加できなくなった旨を、きちんと説明しましょう。しっかり事情を話すことで、相手への印象も変わります。

3.参加当日

分からないこと、知りたいことを積極的に学びましょう。将来自分が携わるかもしれない仕事を実際に体験できるチャンスです。自分の持っている仕事のイメージをより現実のものとして肉付けしましょう。

【ポイント!】
参加することで志望動機がより強くなるかもしれません。逆にイメージの違いに気づくこともあるでしょう。それこそがインターンシップの本当の目的なのです。

4.参加後

インターンシップ終了後はなるべく早く企業の担当者へお礼状を出しましょう。感謝の気持ちをしっかりと伝えること。これも社会人になる上での大切なマナーです。感想などを添えて自分の気持ちを表しましょう。

【ポイント!】
お礼状を書く際、大切なのは字のうまい下手よりも感謝の気持ちを込めて書くことです。きれいな字で書けないからと、出すのをためらってはいけませんよ。

 先輩体験談

アルバイトでは体験できない社会人としての仕事

インターン

インターンシップに参加するまでは、就職活動に対して不安に感じることが多かったです。しかしアルバイトでは体験できない社会人としてのマナーなども参加する事で学べると聞き、思いきって参加しました。働いている人について知ることができましたし、企業の雰囲気も感じられました。また、同じ境遇の学生と話すことで、就職活動に対する不安を共有でき、安心できました。同時に「もっと頑張らないと」と自分を奮い立たせる機会になるなど、振り返ってみると就職活動を進めていく上でとてもよい経験になりました。
みなさんもこのチャンスを逃さないよう、インターンシップに一度参加してみることをオススメします。

ページトップへ